ヨーロッパ

【やっぱり夏がいい!】 夏のヨーロッパ旅行のススメ!

ようやく春の兆しを感じられる季節になってきましたね♪

これから夏のご旅行をご計画の方も多くいらっしゃるかと思いますが、今年はどちらにお出掛けになられますか?

もし5日間以上お休みが取れるようでしたら、ヨーロッパなんていかがでしょうか?

遠いし、冬に比べて航空券もホテルもツアー代金も高いし…なんて思ってらっしゃる方!ちょっと考え方を変えてみませんか?

 

夏の旅行は冬より1.5~5倍お得?

いきなり1.5倍?5倍?なんて言われてもナニがぁ?って思いますよね。

この数値は昼間の時間の差なのです。

一番日の短い冬至(2018年12月22日)と一番日の長い夏至(同6月21日)で比較してみると、緯度の低いところでも1.5倍、高いところになると5倍にもなるのです。

西~中央ヨーロッパの各国の日の出・日の入り時間をまとめてみました!

 

    日の出 日の入り 昼間の時間
アイスランド
(レイキャビク)
夏至 2:55 0:03 21時間08分
冬至 11:21 15:30 4時間08分
フィンランド
(ヘルシンキ)
夏至 3:53 22:50 19時間56分
冬至 9:24 15:13 5時間49分
ノルウェー
(オスロ)
夏至 3:53 22:44 19時間50分
冬至 9:18 15:12 5時間54分
スウェーデン
(ストックホルム)
夏至 3:30 22:08 19時間37分
冬至 8:43 14:49 6時間05分
エストニア
(タリン)
夏至 4:02 22:42 19時間39分
冬至 9:17 15:21 6時間03分
ラトビア
(リガ)
夏至 4:29 22:21 18時間52分
冬至 9:00 15:44 6時間43分
デンマーク
(コペンハーゲン)
夏至 4:25 21:57 18時間32分
冬至 8:37 15:39 7時間01分
リトアニア
(ビリニュス)
夏至 4:41 21:59 18時間18分
冬至 8:40 15:54 7時間14分
アイルランド
(ダブリン)
夏至 3:56 20:57 17時間00分
冬至 8:38 16:08 7時間30分
ドイツ
(ベルリン)
夏至 4:43 21:33 17時間50分
冬至 8:15 15:54 7時間39分
ポーランド
(ワルシャワ)
夏至 2:14 19:01 16時間46分
冬至 6:43 14:25 7時間42分
オランダ
(アムステルダム)
夏至 5:18 22:06 17時間48分
冬至 8:48 16:29 7時間40分
イギリス
(ロンドン)
夏至 3:43 20:21 16時間38分
冬至 8:04 15:54 7時間49分
ベルギー
(ブリュッセル)
夏至 5:28 22:00 17時間31分
冬至 8:43 16:39 7時間56分
チェコ
(プラハ)
夏至 4:52 21:15 17時間23分
冬至 7:59 16:02 8時間03分
フランス
(パリ)
夏至 5:46 21:57 17時間10分
冬至 8:41 16:56 8時間15分
オーストリア
(ウィーン)
夏至 4:53 20:58 17時間04分
冬至 7:42 16:03 8時間20分
ハンガリー
(ブダペスト)
夏至 4:46 20:44 16時間58分
冬至 7:29 15:55 8時間26分
スイス
(ベルン)
夏至 5:35 21:28 16時間53分
冬至 8:13 16:44 8時間31分
イタリア
(ローマ)
夏至 5:34 20:48 16時間13分
冬至 7:34 16:42 9時間07分
スペイン
(マドリード)
夏至 6:44 21:48 16時間03分
冬至 8:34 17:52 9時間17分
ポルトガル
(リスボン)
夏至 6:12 21:04 15時間52分
冬至 7:51 17:19 9時間27分
マルタ
(バレッタ)
夏至 5:45 20:21 15時間35分
冬至 7:09 16:52 9時間43分
日本
(東京)
夏至 4:25 19:00 14時間34分
冬至 6:47 16:31 9時間44分

 

ご覧頂いた通り、低緯度のスペインやイタリアでは6時間、パリやロンドンでは8時間、北欧各国では冬季が短いこともありますが14時間程度、レイキャビクでは17時間も差があるんです。レイキャビクは冬の昼間が4時間しかありませんので、その差は5倍以上となります(笑)。

上記はあくまで「日の入り」「日の出」の時間です。北欧など高緯度の地域では、夏至のあたりでは日が沈んでも暗くならない「白夜」となります。

 

つまり…昼間の時間が長いということは、それだけ観光に充てられる時間も長くなるわけです。

単純にそれで考えると、冬に行く5日間と夏に行く5日間では大きく変わってくるとは思いませんか?

費用が高くなってもその分遊べる時間は長くなる…それだけ夏の旅行は価値があるという考え方も出来るかと思います。

 

▲目次にもどる

 

短い期間の旅行でも時間を有効に…鉄道利用のススメ

いくら昼間の時間が長くても、旅行期間が短いからいろんなところにはいけない…なんて方には、是非鉄道の利用をお勧めします。

さすがに長距離の移動には時間がもったいないですが、列車で4時間までの距離であれば飛行機より列車のほうがお勧めです。

(飛行機は距離が近くても空港まで/からの移動や搭乗手続きなどで、どれだけ距離が短くても4時間程度の時間を要するといわれています。)

昼間の移動は観光の時間を削ることにはなりますが、夏の場合、暑い日中を涼しい車内で過ごせ、また車窓の景色を楽しむなんて考え方も出来ますよね♪

このような考え方が出来れば、たとえ3泊5日という短い旅行であっても2都市以上を周遊することも無理な話ではありませんよね。

 

▲目次にもどる

夏のヨーロッパ行きツアーのご紹介♪

SPCではヨーロッパ各地へのツアー商品をご用意しております。

利用航空会社・日数などいろいろなバリエーションで取り揃えております。

また、どのプランもアレンジ可能!お客様のご希望に副ったプランをご提案させて頂きます!

 

ツアーの一覧はこちらからご覧ください♪

 

もちろん航空券のみの手配や列車の手配なども可能ですので、お気軽にご相談ください♪

 

詳しいお問い合わせフォームはこちらをクリック!

 

▲目次にもどる

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

spctour bank esta wifi