エリア,フランス,ヨーロッパ

フランスの地方都市を一挙ご紹介!<その5>

フランスといえばパリ!これは誰でも連想できるもの。

ではそれ以外の町は?と聞くと意外と出てこない。

確かにマイナーと言われる都市もあろうかと思いますが、それでもどこも魅力のあるもの。それらの都市をご紹介します!

29都市ピックアップしましたが、今回はそれらを都市名をアルファベット順に25~29番目の都市にご案内します

サン=テティエンヌ(SAINT-ETIENNE)

(写真参照元:ウィキペディア)

デザイン都市として認定されているクリエイティブな街、サン=テティエンヌ。デザインセンター、クレ・ド・ロックの丘のふもとに並ぶブティック、そしてなにより、近代建築の天才的巨匠ル・コルビュジュが手掛けた建築群など、デザイン性の高さを随所に見ることができる。この街のクリエイティブな精神を支えるのが、サン=テティエンヌ近代美術館のほか、街に点在する数えきれないほどの現代アートギャラリー。また、この精神は地元の美食にも反映されている。チョコレートの街としても知られ、世界的に有名なチョコレートブランド「ヴェイス」の拠点がある。


ストラスブール(STRASBOURG)

ストラスブールのグラン・ディルは、フランス市街地で初めてユネスコの世界遺産に登録された区域。ゴシック様式の大聖堂からの眺めや、ボートでめぐる魅力的なプチフランス地区、ノイシュタット地区への訪問など、街の歴史を存分に楽しむことができる。ドイツに程近いことから、ヨーロッパ最古のクリスマスマーケット、郷土料理、ワイン街道に沿って楽しむことができるアルザスワインなど、随所にドイツの影響が色濃くみられる。


トゥールーズ(TOULOUSE)

ピンクのレンガ造りのファサードが並ぶ独特な外観から「バラ色の都市」と呼ばれるフランス南西部の中心都市トゥールーズ。豊かな文化遺産、南部の温かな魅力、そしてフランスの芸術に根差した暮らし、アール・ド・ヴィーヴルを最高のかたちで味わうことができるこの街には、文化的な発見や華やかな雰囲気があふれる。ユネスコの世界遺産に登録された芸術的なミディ運河とガロンヌ川の交差点に位置するトゥールーズ観光のハイライトは、バラエティ豊かな地元料理。また、圧巻の存在感を誇るエアバスの組み立て工場や宇宙開発をテーマにしたテーマパーク「シテ・ド・レスパス」など、イノベーションの最前線に立つ街でもある。


トゥール(TOURS)

(写真参照元:ウィキペディア)

かつてはガロ・ローマ文化の中心地として栄え、現在は活気ある大学の街と知られるトゥール。シェール川とロワール川にまたがり、ユネスコの世界遺産に登録されているロワール渓谷のシャトー探索の旅の玄関口でもある。プリュムロー広場はフランスで最も美しい広場に選ばれ、旧市街にはハーフティンバード建築様式の家屋が並ぶ。ヴィランドリー城のシャルルマーニュの塔からは、地元のロワールワインやポークリエットと同じくらい贅沢な眺めが楽しむことができる。


ヴェルサイユ(VERSAILLES)

パリから20キロに位置するロイヤルシティ、ヴェルサイユ。世界的に有名な宮殿だけでなく、魅力的な石畳の通りも訪問者の驚きを誘う。シャトーの敷地内は馬に乗って散策することができ、王立厩舎内の国立馬術アカデミーもぜひ訪れたいスポット。夏に開催される大噴水ショーでは、ヴェルサイユ宮殿の庭園が、かつて王朝の最盛期を築き太陽王と称されたルイ14世の饗宴を彷彿させる魔法の空間に生まれ変わる。また、フランス革命の歴史を今に伝える場所でもある。


今おすすめのフランスツアーを検索


フランスの旅行記(体験記)一覧


フランスの情報ページ


トラベルコンシェルジュがあなただけの旅行プランをメールで回答

経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いします!


SPC旅行通信(無料メールマガジン)を読んでみませんか?

最新のツアー、格安航空券情報やプレゼント情報などを掲載!


エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

spctour bank esta wifi