エリア,トルコ,ヨーロッパ

世界三大料理 ~トルコ料理編~

「トルコ料理」はフランス料理・中華料理と並ぶ世界三大料理の一つ!

 

ヨーロッパとアジアの食文化を融合させた多彩な素材、味、調理法が用いられているのが特徴です。

 

そのトルコ料理の中で最も有名な料理は「ケバブ」ではないでしょうか?

 

ただケバブ=肉料理というイメージがあるかもしれませんが、実は違います!

 

ケバブとは水を使わない焼き料理全てを指す言葉。今回は代表的なケバブ料理をご紹介させて頂きます。

 

シシ・ケバブ(SIS KEBAB)

 

ケバブ料理の中でも一番有名な料理。トルコ語でシシとは串という意味。その名の通り肉や野菜を串にさして炭火で焼いたもの。バーベキューみたいな感じですね!

 

ドネル・ケバブ(DONER KEBAB)

 

こちらも有名なケバブ料理。トルコ語でドネルとは回転という意味。味付けした肉を一枚ずつ垂直の串に刺してブロック状にしたものをグリルで回転しながら焼き、こんがり焼けた外側からそぎ切りにしたもの。

 

日本ではこれをピタパンに挟んだケバブサンドが有名ですが、ケバブサンドはドイツに移住したトルコ人が生み出したもので、トルコではあまり一般的ではありません。

 

イステンゲル・ケバブ(ISKENDER KEBAB)

 

カットされた薄焼きのパンの上にドルネ・ケバブをのせ、トマトソースと溶かしバターをかけてヨーグルトを添えたもの。やはりポイントはこのヨーグルト!肉とヨーグルトの組み合わせは日本では馴染みのない食べ方ですが、肉の旨みとヨーグルトの酸味が絶妙で一度食べたらやみつきになりますよ♪

 

アダナ ケバブ(ADANA KEBAB)

 

トルコ南部の街アダナの名物料理。香辛料で味付けしたひき肉を長い鉄串にさして炭火で焼いたもの。スパイシーなハンバーグみたいな感じですね!別名キーマケバブとも呼ばれます。

 

テスティ・ケバブ(TESTI KEBAB)

 

カッパドキア地方の名物料理。テスティとは赤色の土で作られた壺を意味し、素焼きの壺の中にお肉とたっぷりの野菜を入れて長時間炭火で煮込んだもの。このケバブの特徴は食べる直前に目の前で壺を割るパフォーマンス!カッパドキアを訪れた際には是非♪

 

ケスターネ・ケバブ(KESTANE KEBAB)

 

トルコ語でケスターネとは栗という意味。その名の通り焼き栗です!殻は割ってあるので、そのままポクポクと食べられます。寒くなってくると路面に並ぶ焼き栗屋台はトルコの冬の風物詩です。

 

 

トルコを訪れた際は是非いろんな「ケバブ」を味わって下さいね!

 


トラベルコンシェルジュがあなただけの旅行プランをメールで回答
経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いします!


SPC旅行通信(無料メールマガジン)を読んでみませんか?
最新のツアー、格安航空券情報やプレゼント情報などを掲載!


エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

spctour bank esta wifi