エリア,フィンランド,ヨーロッパ

フィンランドへオーロラを見に行こう!オーロラ鑑賞に適した時期や場所、遭遇確率を上げる方法とは?

誰もが一生に一度は見てみたいと願う 天空の神秘 オーロラ

 

オーロラは 「いつ」 「どこで」 「どうすれば」 見られるのでしょうか?

 

今回は北欧の中でも気軽にオーロラ鑑賞が楽しめるフィンランドを中心に
オーロラ鑑賞に適した時期や場所、またオーロラ遭遇の確率を上げる為に
知っておきたい情報、おすすめホテルツアーをご紹介したいと思います!

 

Lappi24

 

フィンランドへオーロラを見に行こう!

 

▼目次

1. オーロラの基礎知識
2. オーロラベルトとは
3. フィンランドでオーロラが見える場所と時期
4. オーロラ遭遇の確率を上げる為に知っておきたい情報
5. オーロラ鑑賞の服装や持ち物について 
6. オーロラ鑑賞体験記 in サーリセルカ(フィンランド)<近日更新予定>
7. オーロラ鑑賞体験記 in イナリ(フィンランド)<近日更新予定>
8. オーロラ鑑賞ツアーにフィンランドが選ばれる理由 <近日更新予定>

 

保存版7

 

1.オーロラの基礎知識

 

オーロラはどうやって発生しているかご存知ですか?

 

オーロラの発生と太陽の活動は密接に関係しています。

 

まずオーロラのもとになるのは太陽から放出される 太陽風 です。

 

太陽の表面で大きな爆発が発生したときに地球へ押し寄せてくる電子や陽子を太陽風といいます。

 

この太陽風の粒が酸素原子や窒素分子などと衝突し、発光する現象がオーロラです。

 

ゆえに太陽の活動が活発な年オーロラの当り年 と言えます。

 

 

なぜオーロラが見られる場所は限られているでしょうか。

 

オーロラ鑑賞ができる場所の共通点は「寒いところ」です。

 

実際オーロラが見られるのは北極地方南極地方だけ。

 

これは地球が北極部をS極、南極部をN極とする磁力を持っているのが原因です。

 

太陽風はこの磁力に引き寄せられてしまう性質を持つためオーロラは北極地方と南極地方だけの現象となるのです。

 

「SPCで行く!オーロラ鑑賞ツアー」

 

保存版4

 

2.オーロラベルトとは

 

オーロラベルト とは地球上でオーロラが最も頻繁に現れるエリアのことで北半球、南半球ともに緯度60度から70度ほどの範囲を指します。

 

ただオーロラベルトが地球上に作る円の中心は、地図上の真北(北極点)と真南(南極点)ではありません。

 

地球磁場の中心は真北・真南から微妙にズレており、オーロラベルトは磁場を中心に広がっているからです。

 

地球磁場の北(S極)の中心はグリーンランド北西に位置している為、北欧は緯度60度よりも北側にオーロラが出現することが多いですが、北米では60度より南の範囲でもオーロラを鑑賞することができるのです。

 

保存版6

 

3.フィンランドでオーロラが見える時期と場所

 

フィンランドのラップランド上空には 年間200夜 もオーロラが出現しています。

 

ラップランドとはスカンジナビア半島北部からコラ半島にまたがる北緯66度33分以北の北極圏一帯の広大な寒冷地を指します。(スウェーデン・ノルウェー・ロシアも含まれます。)

 

フィンランドのラップランド

 

ただラップランドでも南部でオーロラを見ることができるのは年にたった10~20夜ほど。

 

フィンランドへ行けばオーロラが見られるというわけではありません。

 

オーロラを見るためにはフィンランド北部に位置するラップランドの更に北へ行きましょう。

 

フィンランドでは北へ行けば行くほど、オーロラベルトに近くなる為、オーロラを見られる確率は高くなります。

 

サーリセルカ(Saariselka)イナリ(Inari)がオーロラ鑑賞におすすめの都市です。

 

特にイナリは オーロラベルトの真下 にあり 、オーロラ鑑賞に最も適した場所です。

 

 

オーロラを見るための条件は 「十分に暗いこと」「空が澄んでいること」

 

日照時間が短く、晴れている日が多い 12月~3月頃 がオーロラ鑑賞の最もよい時期にあたります。

 

また時間帯は21時頃から観測率が上がり、ピークは真夜中0時の前後1~2時間くらいです。

 

「SPCで行く!オーロラ鑑賞ツアー」

 

保存版3

 

4.遭遇の確率を上げる為に知っておきたい情報

 

オーロラが見えるときの最低条件は「晴れていること」「暗いこと」

 

オーロラは高度100~500kmほどの電離層と呼ばれる非常に高い場所に出現します。

雲は高くても18km付近に位置する為、天気が悪ければオーロラは絶対に見えません。
たくさんの星が見える晴れた夜は、オーロラを見られる確率も高くなります。

 

また発光現象であるオーロラは明るいところでは見えません。
明かりのある場所や建物から離れましょう。丘の上や湖畔が絶好のポイント
人口の明かりが多いところは折角のオーロラの輝きを邪魔してしまいます。

 

オーロラツアーへの参加が決まったらオーロラ・アラートに登録しよう!

 

フィンランド気象協会の情報サイト「オーロラ・ナウ」(Auroras Now!)に登録するとオーロラが見えそうな磁気状態になったとき無料Eメールで知らせてくれます。
http://aurorasnow.fmi.fi/public_service/

 

保存版5

 

オーロラ遭遇の確率を上げる要因に「太陽の活動」があります。

 

太陽活動が活発な時に強いオーロラが出ることは間違いありません。

一般的に太陽の活動サイクルは約11年だと言われており、その活動極大期にオーロラを鑑賞するのが最も効率的な時期と言えます。

 

では極大期を逃すとオーロラがほとんど見られないのでしょうか?

 

答えは「NO」です。

 

例えば高速太陽風の源といわれるコロナホールは極大期にはほとんど現れません。
(コロナホールから吹く太陽風はほかの領域から吹く風の約3倍)

 

太陽の活動が極小期へむかうと徐々にコロナホールの出現率が高まり、巨大なコロナホールとなって非常に強い太陽風を起こすこともあるのです。

 

このように オーロラ出現の法則はとても複雑 で予測不能な未知の要素も沢山あります。

 

現代の技術を駆使しても、オーロラがいつどこに現れるか正確に予測することは残念ながらできません。

 

でも 予測できないからこそオーロラは神秘的 なのです。

 

「SPCで行く!オーロラ鑑賞ツアー」

 

保存版2

 

5.オーロラ鑑賞の服装や持ち物について

 

オーロラが出やすい空気の澄んだ冬の夜は、冷え込みも厳しくなります。

非常に寒い日には-40℃になることもあります。

 

服装のポイントは重ね着

 

寒い場所で快適に過ごすコツ、それは重ね着にあります。

重ね着をしていれば、寒い戸外を歩くときは寒さから身を守り、車での移動中や室内に入ったときにも調整が効き、暖かすぎて汗をかいたり不快な思いをしなくてすみます。

 

インナーには機能性が高く保温効果のある長袖の下着と暖かい靴下を身に付けましょう。

肌の水分を外に逃がして体を暖かく保つポリエステルやウール、シルク、または2層素材のものがお薦め。その外側にウール素材のものを重ねると水分はうまく逃げていきます。

 

★綿は汗をかいたときに湿ってしまうので、避けた方がよいでしょう。

 

-20℃以下にもなる寒い日には更にフリースやウールを重ね着しましょう。

保温効果のある靴下をもう一枚重ねて履くと足が温かくなります。

 

アウターは寒さ、風、湿気、雪などから体を守るものを身に付けます。

風を通さないダウンやコットンウール、合成の毛皮などの裏地のあるウィンタージャケットやパンツを選ぶとより暖かいでしょう。

 

ネックウォーマーやマフラーなどで首周りも暖かくしましょう。寒いときには頭、手足の指先、顔などが最初に冷えてきます。

手袋や暖かい帽子で手や頭、耳を寒さから守りましょう。手袋は防水加工で保湿性の高いミトンがお薦め。帽子は必ず耳が隠れるものを用意してください。

 

靴は防水性能と保温性能を持ったウィンターブーツを履いて、靴紐もしっかり締めます。

足先が冷えるので、靴用のカイロを入れておくと完璧です。

雪や氷で覆われた道はとても滑りやすいので、靴の裏はギザギザが大きくて深いものを。

 

女性はまつ毛が凍って折れてしまう危険性があるので、マスカラの使用は避けましょう。

 

お出かけ前に天気予報をチェック

 

年によって日によって冬の寒さは異なります。また寒さは気温の高低によるものだけではありません。体感温度は風の強さ、湿度などによってだいぶ変わってきます。

 

お出かけ前には天気予報で体感温度の予報も忘れずにチェックしましょう。

http://www.foreca.com/Finland/Saariselka

 

「SPCで行く!オーロラ鑑賞ツアー」

 

フィンランド旅行を計画している方は具体的な日程、出発地、目的地などを

記入して問い合わせしよう!経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナル

プラン作りをお手伝いさせて頂きます!! お問い合わせフォームは こちら

 

情報・画像提供:Visit Finland

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

bank esta wifi