記事

疲れた心と体を癒しに竹富島へGO!

竹富島は沖縄の石垣島に近い八重山諸島に属する周囲9.2kmほどの小さな島です。

沖縄の伝統的な町並み、サンゴの白砂が敷かれた道を通り過ぎると美しいビーチが目の前に広がります。

島から醸し出している穏やかな空気に触れると、日常生活の喧騒や慌ただしさを忘れてしまいます。

今回はそんな魅力たっぷりの竹富島をご紹介します。

 

<アクセス>

まずは玄関口となる石垣島へ。

石垣島に到着したら、石垣港離島ターミナルへ。

この石垣港離島ターミナルからは竹富島のみならず、八重山諸島の各有人島へのフェリーが運航しています。

石垣島から竹富島へはフェリーでたった10〜15分しかかかりません。

フェリーの乗船券は予約もできますが、繁忙期を除き当日でも購入可能です。

 

 

<重要伝統的建物群保存地区>

竹富島の民家は赤瓦の屋根・琉球石灰岩の石垣という伝統的な建築様式で建てられていて、古き良き沖縄の姿と出会えます。

伝統建築に加えてサンゴの白砂が敷かれた道、1年中咲いているハイビスカスが南国感を高めています。

年に2回、浜から運んできた白砂で道や民家の庭を整え、建物の建設に対して厳しい制限を設けるなど、島民の力によってこの街並みは守られてきました。

その功績を称され、重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

島民によって維持されているこの町の雰囲気は時間がゆっくりと進んでいるように感じます。

 

 

<コンドイビーチ>

竹富島を代表する白い砂浜とエメラルドブルーの美しいビーチです。

海は抜群の透明度を誇りますが、遠浅で沖まで砂地が続くため、シュノーケリングにはあまり適していません。

代わりに、あまり波がない穏やかな海なので、お子様連れでも問題なく海水浴を楽しめます。

 

 

<カイジ浜>

コンドイビーチの隣に位置する「星砂の浜」と呼ばれる美しいビーチです。

浜辺の砂をさらうと、星の形をした「星の砂」が簡単に見つかります。

あいにく「星の砂」を持ち帰ることはできませんが、ビーチにある売店で「星の砂」が販売されています。

コンドイビーチと違って、潮の流れが速いので残念ながら遊泳はできません。

 

 

<西桟橋>

海に向かって100mほど突き出ているこの桟橋は、国の登録有形文化財です。

昔、竹富島には水田がなかったため、この桟橋を利用して小舟で西表島まで稲作に出かけていたそうです。

夕日の名所で、日が沈む時間帯は多くの観光客がこの桟橋を賑わせています。

映画やドラマのロケ地としても多く使われるみたいです。

 

 

<水牛>

竹富島では水牛車での観光は欠かせません。

白砂とハイビスカスの道をゆったりと沖縄伝統建築の民家を眺めながら一周します。

水牛は歩くよりも遅いスピードで進むので、体も心も竹富島を満喫できます。

こんなに時間を贅沢に使うという感覚に浸れる機会はないと思います。

30分~40分ほどで観光は終了します。

料金の相場は大人1,500円ほどかかります。

途中、ガイドさんが三線で沖縄民謡を歌って楽しませてくれます。

 

 

ちなみに、水牛以外の移動手段はレンタサイクルがあります。

民家がある道は砂道にハンドルを奪われて運転が難しいですが、アスファルトの道路は車の走っていない広い道を南国の草花を脇目に進むことができて、かなりの爽快感を味わえます。

 

 

<なごみの塔>

島の中心地に建つ4.5mの竹富島のシンボル的存在で、国の登録有形文化財です。

昔はこの塔からメガホンで住民に町内放送が行われていたそうです。

あいにく現在は登ることができませんが、島で最も高い場所とされ、竹富島の集落や海岸線を一望できます。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

日常に疲れた心と体を癒しに竹富島に行ってみませんか?


トラベルコンシェルジュがあなただけの旅行プランをメールで回答
経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いします!


SPC旅行通信(無料メールマガジン)を読んでみませんか?
最新のツアー、格安航空券情報やプレゼント情報などを掲載!

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

spctour bank esta wifi