アラブ首長国連邦,エリア,中東・アフリカ

アブダビには何がある?ドバイとは違うアブダビの魅力、更にアブダビを拠点とするエティハド航空をど~んと紹介します!

今や観光都市の代名詞となったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイとアブダビ。

めまぐるしい発展を遂げ、さらに華やかに進化し続ける中東のエキゾティックシティには、ラグジュアリーなホテルをはじめ、美しいビーチやアクティビティなど、多くの魅力的なスポットが点在します。

 

アラブ首長国連邦とは、

アラブ首長国連邦(通称は英語名”United Arab Emirates”の頭文字から”UAE”或いは日本名の略で”ア首連”)は1971年12月2日にイギリスの保護領から6首長国(アブダビ・ドバイ・シャルジャ・アジマン・ウムアルグワイン・フジャイラ)が連邦制により独立、翌1972年2月さらに1首長国(ラスアルハイマ)が加わり現在の7首長国の連邦体制が確立され現在にいたっています。

(出典:旅の準備と基本情報 – dxb123.com

 

10月3日に当サイトにてドバイに関してご紹介させて頂きましたが、今回はその続編?

7首長国の1つであり、UAEの首都でもあるアブダビの魅力をご紹介させていただきます。

 

グランドモスク

アブダビ グランドモスク

 

アブダビ旅行とは?おすすめは?

 

目次

アブダビへはエティハド航空が便利で快適!

エティハド航空はUAE(アラブ首長国連邦)のアブダビを拠点として世界90都市以上に就航しているUAE国営の航空会社です。日本からは東京(成田国際空港)と名古屋(中部国際空港)に運航しています。

エティハド航空

 

はじめにエティハド航空の日本発着便のフライトスケジュールをご紹介します。

成田からアブダビへ

  • 成田国際空港⇒アブダビ国際空港

便名

運航曜日

成田

出発時刻

アブダビ

到着時刻

所要時間

機材

EY871

毎日

17:30

00:35

(翌日)

12:05

B787-9

(ドリームライナー)

  • アブダビ国際空港⇒成田国際空港

便名

運航曜日

アブダビ

出発時刻

成田

到着時刻

所要時間

機材

EY878

毎日

22:10

12:45

(翌日)

9:35

B787-9

(ドリームライナー)

 

名古屋からアブダビへ

  • 中部国際空港⇒アブダビ国際空港(北京経由)
便名 運行曜日

中部

出発時刻

北京

到着時刻

北京

出発時刻

アブダビ

到着時刻

所要時間 機材
EY889

月・火・木

金・土

21:10

00:05

(翌日)

01:10

(翌日)

06:25

(翌日)

14:50

B787-9

(ドリームライナー)

  • アブダビ国際空港⇒中部国際空港(北京経由)
便名 運行曜日

アブダビ

出発時刻

北京

到着時刻

北京

出発時刻

中部

到着時刻

所要時間 機材
EY888

日・月・水

木・金

21:30

08:50

(翌日)

09:50

(翌日)

13:50

(翌日)

11:20

B787-9

(ドリームライナー)

※フライトスケジュールは予告無く変更になる場合がございますので、

 詳しくはエティハド航空のホームページをご確認ください。

 

成田~アブダビ間・中部~アブダビ間とも使用機材はボーイング社のB787-9ドリームライナー

高度なテクノロジーを搭載した最新鋭の機材です。

ノイズの軽減や気圧なども配慮した快適な空の旅をお楽しみ頂けます。

 

▲目次にもどる

 

アブダビのおすすめホテルは?

アブダビの上級ステイを楽しむおすすめホテル情報!いくつかピックアップしてご紹介します♪

 

パーク・ハイアット・アブダビ・ホテル&ヴィラ

パークハイアット外観

 

パークハイアット/客室例

 

サディヤット島のビーチに建つホテルは、活気溢れるシティセンターやビジネス地区などへのアクセスが良好。全306室の広々とした客室はいずれも、ビーチ、ゴールドクラブ、または庭園からの眺望が満喫できます。一流のミーティング施設も完備しています。

 

ザ・リッツカールトン・アブダビ

リッツカールトン外観

 

リッツカールトン/ラウンジ

 

アブダビの中心部に建つ最高級ビーチリゾートは、15世紀から17世紀初期のルネサンス建築様式と、イタリアのベネチア市街の都市計画からインスピレーションを受けたスタイル。美しい景観の庭に囲まれて、心のこもったコンシェルジュサービスをご堪能いただけます。

 

セントレジス・アブダビ

セントレジス外観

 

セントレジス/客室例

 

ネイションギャレリアモールに直結。主要ビジネス街やルーブル美術館、グッゲンハイム美術館も近くに。ライブラリーを備えているほか、セントレジス・バトラーサービスは、会議の前のスーツのアイロン掛けから、書籍のお届けサービスまで幅広く対応いたします。

 

シャングリ・ラ ホテル・カリヤト・アルベリ・アブダビ

シャングリラ外観

 

シャングリラ/客室例

 

豊かな自然に包まれたホテルの庭園には、都会の喧騒を忘れさせる別世界が広がっています。アブダビ国際空港から車で10分の好立地にありながら寛げる環境では、全室213室のモダンなゲストルームとスイートを提供。アラビアン建築も特別な時間へと誘います。

 

▲目次にもどる

 

アブダビの優雅でゴージャスな旅が楽しめる魅惑の観光スポット

シェイク・ザイード・グランドモスク

 

絢爛豪華なモスクで非日常のひと時を

82個のドーム、1,000本以上の円柱、24金メッキのシャンデリア、そして手織りで作られた豪華なカーペット

UAE建国の父と呼ばれるシェイク・ザイードが埋葬されていることでも知られるこのモスクは4万人もの参拝者を収容することができ、世界最大級の大きさを誇ります。周囲は外観を移すプールに囲まれており、その美しさを強調。心象的な白とゴールドは太陽の光の中で輝き、また夜間のライトアップも魅力的です。

 

ホテル エミレーツパレス

エミレーツパレス

 

アブダビの自然に溶け込む優雅な空間

プライベートビーチにそびえ立つエミレーツパレスは5つ星を超えるホテルとも言われ、その建物、サービス共に世界を圧倒しています。敷地は100haに及び、美しいアラブ建築のドームが100以上、さらに伝統的なアラビアのデザインが施された調度品の数々に触れることができます。国賓が利用するなど迎賓館としての役割もあるこのホテルからはアブダビの青々と美しい海や動物園、洞窟、庭を一望でき、華やかな気分に浸ることができます。

 

ルーブル・アブダビ(2017年11月11日OPEN!)

※イメージです

※イメージです

 

フランスの建築家ジャン=ヌーヴィル氏が設計した「ルーブル・アブダビ」。星型の枠に重ねたドーム屋根からの日差しは「光の雨」となって降り注ぎます。アラブ発のユニバーサルな美術館の誕生に、国内外から注目が集まっています。

 

奇抜で新しい建築物

エティハド・タワーズ

エティハド・タワーズ

 

日々成長を続けるアブダビ。潤沢な経済力を背景に、様々な奇抜な形状の建物が建設されています。さながら未来都市を思わすビル群の景色は圧巻です。

 

▲目次にもどる

 

アブダビでのアクティビティは?

フェラーリ・ワールド

※イメージです

※イメージです

 

フェラーリのテーマパーク。時速240kmのジェットコースターなど、20以上のアトラクションが楽しめます。往年のフェラーリ名車コレクションの展示も見応えがあります。

 

ヤス・ウォーターワールド

※イメージです

※イメージです

 

238mの6人乗りウォータースライドや世界最大級のサーフィン用シートウェーブを装備したバブルス・バレルなど、43種類の乗り物、ウォーターアトラクションを備えた水のテーマパークです。

 

デザートサファリ

※イメージです

※イメージです

 

砂漠を4WD車で豪快にドライブ

アラビア半島南部の3分の1を占める世界最大級のルブアルハリ砂漠でその広大さに圧倒されたり、砂漠の中に鎮座する高さ約300mの丘「モリーブ・ヒル」でスリルとスピードを楽しみながら砂漠を走行。幻想的な朝夕の空や大地の豊かさを体感できます。

 

心を癒すビーチで至福の時間を

アブダビ ビーチ

アブダビ コーニッシュビーチ

 

コバルトブルーの海に、スカイブルーの空。そして、太陽に照らされて輝く真っ白な砂浜。色彩のコントラストが美しいペルシャ湾のビーチリゾートは、遠浅で波が少なく、のんびりとくつろげます。

 

▲目次にもどる

 

アブダビでの食事やショッピングは?

スパイスやドライフルーツが素材を引き立てる

ラム肉や鶏肉にスパイスで味付けし、季節の野菜を添えたメイン。そこに香り豊かなライスが付くのが基本です。食後には伝統的なアラビアコーヒーを。お土産として有名なデーツ(ナツメヤシの果実)は、美容効果もあると非常に人気のドライフルーツです。

アラビア料理

アラビア料理

アラビアコーヒー

アラビアコーヒー

デーツ

デーツ

 

ラグジュアリーなアイテムを求めて

高級ショッピングモールから伝統的なマーケット&スークまで、アブダビではさまざまなショッピングが楽しめます。旅行客に人気なのは金の宝飾品や香水など。デーツやチョコレートなど、現地スイーツも人気です。

ヤスモール

ヤスモール

 

▲目次にもどる

 

アブダビの物価やアルコール(お酒)購入方法、滞在費の目安は?

これは以前ドバイの記事でご紹介したものと同じです。こちらをご参照ください。

 

▲目次にもどる

 

アブダビ旅行の予算(費用)や日数におすすめ・ベストシーズンは?<近日更新予定>

 

▲目次にもどる

 

アブダビ国際空港のトランジット(乗継)のすすめ

アブダビ国際空港はこんな空港

 

  • ★エティハド航空のハブ空港で24時間オープン。世界各地への乗継が可能です。
  • ★エティハド航空は隣接しあうターミナル1・3を使用。
  • ★コンパクトで混雑も少なく、乗継しやすい設計。
  • ★乗継時にビザ(査証)は必要ありません。(日本人の場合)
  • ★ファースト、ビジネスクラスのお客様にご利用頂ける無料の専用ラウンジがあります。
  • ★乗継エリア内には、免税店(DFS)、各種ショップ、カフェ、レストラン、両替所、ATM、
  •  クリニック、郵便局、有料ラウンジ、エアポートホテルなどを完備。
  • ★空港内には無料のWi-Fiがあります。

 

エティハド航空はアブダビ国際空港をハブに世界各地への乗継の可能な航空会社です。

同じUAEのエミレーツ航空と比較すると、そのネットワークはやや劣るものの、乗継をするここアブダビ国際空港は非常にコンパクトで、乗継のし易さはウリのひとつです。

 

▲目次にもどる

 

アブダビには優雅なエティハド航空ビジネスクラスで!

優雅にワンランク上のエティハド航空ビジネスクラスでアブダビへ、更に乗り継いで中東、ヨーロッパ、アフリカ各都市へ空の旅を楽しむのはいかがでしょうか?

最新鋭の機材で快適なエティハド航空のビジネスクラスでその価値を味わってみるのは如何でしょうか?

 

ビジネスクラスのシートについて

 

  • ★約203センチのフルフラットベッド
  • ★どの座席からも通路に出やすいシートレイアウト
  • ★プライバシーデバイダー
  • ★マッサージ機能付きのシートは固さと照明の調節が可能
  • ★18インチのタッチスクリーンTV、タッチスクリーンハンドセット、
  •  ノイズキャンセリングヘッドセット
  • ★各シートに電源とUSBポート

 

 

ビジネスクラスの機内サービスについて

 

  • ★フード&ビバレッジマネージャーがメニューをご案内
  • ★お客様がお召し上がりになりたい時にお食事をお持ちする「Dine Anytime」メニュー
  • ★最新の映画、テレビ番組、音楽やゲーム
  • ★地上で放映中のニュースやスポーツをご覧いただける7つのライブチャンネル
  • ★Wi-Fi、モバイル接続
  • ★スキンケア製品、デンタルキット、ソックス、アイマスク、イヤープラグを
  •  セットしたアメニティキット
  • ★UAEでショーファー(リムジン送迎)サービス

 

 

ビジネスクラス アメニティキット/例

ビジネスクラス アメニティキット/例

 

アブダビでは…

ビュッフェダイニング、シャワー、シェービング、スパトリートメントをご用意したアブダビ国際空港のエティハド・プレミアムラウンジをご利用ください。

 

  • ★マッサージ、フェイシャルトリートメントをご用意したシックス・センシズ・スパ
  • ★Style & Shave by Etihadでは男性にはウェットシェイブ、
  •  女性にはネイルやヘアセットのサービス
  • ★ビュッフェのお食事、スナック
  • ★無料Wi-Fi
  • ★専属ナニー(ベビーシッター)が常駐するファミリールーム
  • ★コンシェルジュサービス、お荷物のお預かり
  • ★シャワールーム
  • ★衣類プレスサービス

 

アブダビ空港ターミナル3  ビジネスクラスラウンジ

アブダビ国際空港ターミナル3  ビジネスクラスラウンジ

アブダビ空港ターミナル1  ビジネスクラスラウンジ

アブダビ国際空港ターミナル1  ビジネスクラスラウンジ

 

▲目次にもどる

 

アブダビの、そしてエティハド航空の魅力を感じて頂けましたでしょうか。

ただせっかくアブダビに行かれるならヨーロッパの都市組み合わせたプランをおすすめします。

弊社ではこの「ヨーロッパ1都市」+「アブダビ」のツアーを多く取り扱っております。

 

エティハド航空利用のヨーロッパ各都市&アブダビ行きのツアーはこちらをクリック!

 

また、弊社では経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いさせて頂きます!!

詳しいお問い合わせフォームはこちら

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

bank esta wifi