エリア,デンマーク,ヨーロッパ

コペンハーゲンは「商人の港」という意味を持つスカンジナビア半島最大の都市です。

コペンハーゲンとは!

北欧のデンマークの首都である「コペンハーゲン」は「商人の港」という意味を持つスカンジナビア半島最大の都市です。

今回はこのデンマークの首都である「コペンハーゲン」の見所ついてご案内させていただきます。

 

首都コペンハーゲンは人口約58万人(2015年1月現在)のデンマーク最大の都市です。シェラン島の北東部に位置する港湾都市で、コペンハーゲンはデンマーク語で「商人の港」を意味しています。コペンハーゲンの歴史は12世紀半ばにさかのぼりますが、現在も随所に残る主要な建物は17世紀に建設されたものです。

北欧トラベルより

 

ニューハウン

新しい港という意味をもつ「ニューハウン」は、コペンハーゲン観光には絶対に外せない観光スポットの港町です。

コペンハーゲンといえば「ニューハウン」の景色が使われているくらい象徴的で有名な港町で、木造で赤・青・黄色などカラフルな家が立ち並んでいます。

この「ニューハウン」には多くのレストランがあり食事が楽しめ、運河には観光船もありクルーズも楽しめます。

 

ローゼンボー城

コペンハーゲンの観光名所の一つで、コペンハーゲンの中心地にあります。

この比較的小さなお城は16世紀に夏の離宮としてルネサンス様式で建てられ、宝物館の豪華な王冠や貴金属、デンマークの芸術品や王室コレクション、王族や貴族の部屋など見所たっぷりの観光地でその佇まいは絵本に出てきそうなステキな雰囲気が漂っています。

お城の回りにあるローゼンボー城公園は「王の庭園」と呼ばれ、デンマークで最も古いルネサンス様式の美しい庭園です。

ローゼンボー城を観光した後にあわせて立ち寄ってみてください。

 

クリスチャンスボー城

歴史を感じさせるバロック様式の外観を誇るクリスチャンスボー城は、現在でもデンマーク王室が使用し、デンマーク政府の迎賓館や、国会議事堂、内閣府、最高裁判所などの主要施設がここに集まっています。

クリスチャンスボー城の内部は観覧できるようになっており、地下には12世紀の遺跡が残されていますのでぜひ観光に立ち寄ってください。

 

人魚姫の像

デンマーク、コペンハーゲンで有名なのは「アンデルセン」です。

アンデルセンが書いた童話「人魚姫」の像が海沿いの美しい場所にあります、コペンハーゲンの観光の目玉としても世界的に有名で人魚姫の周りはいつも観光客で混雑しています。

実際に見ると小さな像ですが、写真スポットとなっておりますのでぜひ訪れてみてください。

 

アマリエンボー宮殿

デンマーク女王が住んでいるアマリエンボー宮殿はロココ様式で建てられた王宮で、女王が宮殿にいるときはデンマーク国旗が掲げられています。

女王の住んでいる宮殿は見学できませんが、4つの宮殿の中の2つ「レーベツォー宮殿」と「モルトケ宮殿」が公開され見学することができます。

この宮殿の見所といえばやはり衛兵交代式です。他の国でも衛兵の交代式はありますが、ここデンマークの交代式は衛兵の数が多く見応えがあります。

交代式の時間になると観光客自然と集まってきますが、見に行くときは交代式の時間を事前に確認してから行ってみてください。

 

是非一度はデンマークの首都コペンハーゲンを訪れてみてください。

「SPCで行く!コペンハーゲンツアー」検索

 


デンマークアに関する旅行記

ヨーロッパホテル視察&シリアライン体験記(2013年4月)


トラベルコンシェルジュがあなただけの旅行プランをメールで回答
経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いします!


SPC旅行通信(無料メールマガジン)を読んでみませんか?
最新のツアー、格安航空券情報やプレゼント情報などを掲載!


 

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

spctour bank esta wifi