エリア,マルタ,ヨーロッパ

地中海の小さな島国マルタ共和国は大きな魅力がいっぱい☆彡 <その②>

5週間ぶりになります、地中海の島国「マルタ」について、引き続きその魅力について、撮りためた数々の写真と合わせてご紹介させて頂きます!

 

マルタの観光について

ヴァレッタ・アッパーバラッカガーデンよりスリーシティの眺め

 

マルタ島の面積は316km2で東京23区(622.99km2)や淡路島(592km²)の半分程度です。

そんな小さな国ですが、街によっていろいろな顔を覗かせてくれます。

そんな街々の様子をご覧ください。

 

▲目次にもどる 

ヴァレッタの街並み(リパブリック通り)

マルタの首都で人口7,000人余り。人口が少なく感じるでしょうけどヴァレッタと呼ばれるエリアは縦1km弱・横500m程度の半島のみのことを指し、住民の方々はぎゅうぎゅう詰めに暮らしているようなイメージです。と言ってもピーク時の3割程度になっているようなので、それと比較するとゆったりなのかも知れませんね。

この小さなエリアはその昔は要塞であり、政治・文化の中心であったわけです。今も首相官邸があったりもちろん観光の中心でもあり、誰もがまず訪れるべき場所であると言えるかと思います。

 

↑ バレッタの入り口:バスターミナル

↑ バスターミナルから180度身体をひねると現れるシティゲート。バレッタの玄関です。

↑ シティゲートをくぐるとその先にヴァレッタのメインストリート「リパブリック通り」に続きます。

↑ リパブリック通りを進んでいくと商店が並びます…がシエスタで休みばかり(^^;。

↑ もう少し進むと右側に少し広くなって木々が生い茂るところに。写真右側にまわると…

↑ ヴァレッタでもっとも重要な建物とも云われる聖ヨハネ大聖堂です。大聖堂というっても外からはその全貌を眺めることは出来ません。

↑ 中の写真を1枚だけ…立派ですねぇ。

↑ 通りに戻り1ブロック進むと右側にこのようなオープンカフェがあります。この写真の左側が「騎士団長の宮殿」があります。

↑ 騎士団長の宮殿の中はこんな感じです。(説明が雑っ!)

↑ 騎士団長の宮殿の前は「セントジョージ広場」。こんなのもいます。(あります?)

↑ リパブリック通りはこのままバレッタの先端まで続きますが、セントジョージ広場を過ぎるとそこは住宅街的な雰囲気に変わります。

 

尚、ヴァレッタはシティゲート周辺より半島の先端や両脇に向け傾斜するような地形となっており、リパブリック通りがその尾根のようなところを通っているイメージです。ですので、通りを1本ずれると

 

↑ こんな坂や

↑ こんな坂があちらこちらに…

↑ 車のブレーキが壊れたら…(以下省略)。

↑ もちろんこんな階段や

↑ 坂の途中から階段になっているところもあります。

 

観光には歩きやすい靴でお出掛けください!

 

▲目次にもどる 

ヴァレッタの観光スポット

上記ではリバブリック通りと聖ヨハネ大聖堂、騎士団長の宮殿について軽くご案内をさせて頂きましたが、こちらではそれ以外のスポットをご案内致します。

 

アッパーバラッカガーデン

ヴァレッタの入り口から右(東)に進むとある公園です。

 

こんな感じののんびりした公園ですが…

こんな感じののんびりした公園ですが、奥まで進むと…

こんなところがあり、この写真の左側を見ると…

こんな景色や

こんな景色や

こんな景色や

こんな景色が広がります。

時折こんな大型客船が姿を見せることも…

マルタ随一の景色を眺めることが出来ます。

因みに対岸から見るとこんなところにあります。

対岸のセングレアからのヴァレッタ(アッパーバラッカガーデン)

尚、一段下がったところに大砲がおいてあり、週末の正午(だったかな?)になると、その大砲を撃つパフォーマンスなどもありますよ。

ヴァレッタに行かれたら、まずこちらにお立ち寄りください!

 

聖エルモ砦とイン・ガーディア

ヴァレッタの先端にある聖エルモ砦。そこでは年30回ほど「イン・ガーディア」と呼ばれるイベントが開催されています。

中世の騎士団の様子を再現したイベントで、鉄砲を撃ったり行進したりなど当時の軍事訓練の様子などがご覧頂けます。

 

砦入り口でお出迎え

 

こんな感じです。(伝わらないですよね…(笑))

 

マヌエル劇場

1731年に建てられたヨーロッパでも屈指の古さ(3番目に古い?)の4層のバルコニーを備えた立派な劇場です。

規模は小学校の体育館より全然小さく、また外から見てもそんなものがあるのか?と思わせるぐらい地味なのですが、中の立派さは入ったときにビックリさせられます。

 

とりあえずマヌエル劇場と書いてあります。

これ入口?

中に入ると…う~ん、狭い。が、見上げると…

うーん、立派だ。

こんなものがあるなんて外からは思いも寄らない…なかなか興味深い施設です。

 

ヘイスティングガーデン

ヴァレッタをぐるっとまわってシティゲート辺りに戻ってくると、その脇にヘイスティングガーデンがあります。

と言ってもここは穴場的な場所、アッパーバラッカガーデンのような華やかさはありませんが、ちょうど方角が逆で西側を眺めることができます。

西側ということは…夕日が綺麗なんです。ヴァレッタでの一日の終わりに夕日を眺めるなんてどうですか?

 

マルサイムシェットハーバーの入り江の深いところ、ピエタ方面を望む。

マヌエル島・スリーマ方面を望む。

この写真はアッパー場落下ガーデンの辺りからの写真ですが、ヘイスティングガーデンからはこのような夕日がよく見れます。

 

▲目次にもどる 

 

 

とりあえず今回はここまで!

次回はヴァレッタ以外のマルタをお届けします。お楽しみに!

 


SPCで行くマルタツアー検索
  ヨーロッパ行きのツアーにマルタなどの組み込んだアレンジプランもご相談させて頂きます。


トラベルコンシェルジュがあなただけの旅行プランをメールで回答

経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いします!


SPC旅行通信(無料メールマガジン)を読んでみませんか?
最新のツアー、格安航空券情報やプレゼント情報などを掲載!

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

spctour bank esta wifi