エリア,クロアチア,ヨーロッパ

クロアチアの首都ザグレブとプリトヴィッツェ湖群国立公園への行き方!

クロアチアとは!

クロアチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパバルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナセルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し対岸はイタリア、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ

ウィキペディアより

クロアチアの首都はザグレブ

クロアチア共和国の首都はザグレブです。 中央ヨーロッパ(中欧)に位置するザグレブは、古くから文化、学術、経済の中心地として栄てきました。

ザグレブを訪れる旅行者は旧市街地のバロック様式の雰囲気や青空市場、ショッピング、伝統的な料理を楽しむことができます。

 ザグレブには公園や散歩道も多く、二つの尖塔を持つゴシック大聖堂の塁壁下のリブニャク公園や緑のレヌツィ馬蹄型公園とも呼ばれるズリニェヴァツ公園などは人気のスポットです。

トミスラフ広場

19世紀末に作られたザグレブ中央駅の前にある広場で、クロアチアの初代国王「スミスラフ」の騎馬像が中央にあり、広場というより公園のような場所です。

広場の北側には、街のシンボルのひとつである塔のある市庁舎があります。

聖マルコ教会

13世紀ゴルニィグラード地区に建てられたゴシック様式の美しい教会です。

教会の屋根には、赤・青・白のタイルで、大きくクロアチア王国とダルマチア地方、スラヴォニア地方を表す紋章と、ザグレブ市の紋章2つがデザインされています。

教会内部は、クロアチア出身の彫刻家「メシュトロヴィッチ」の作品が飾られています。

世界遺産:プリトヴィッツェ湖郡国立公園

「プリトヴィッツェ湖郡国立公園」は、クロアチアの首都ザグレブから車で南に約3時間のところに位置する、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境近くにある国立自然公園で、

クロアチアの大人気観光地です。

その広大な森には大小16もの湖が階段状に点在しており、その間を滝が流れています。

この湖郡は、川に石灰華の働きで自然のダムが造られたことで出来上がり、湖がエメラルドグリーンやコバルトブルーに変化し、緑の森と一体になり素晴らし景観を生みだしています。

プリトヴィッツェ湖郡国立公園は1年を通して四季折々の表情を楽しむことができますが、ベストシーズンは夏~秋となり、観光客も多く訪れます。

プリトヴィッツェ湖郡国立公園内を観光するならやっぱりハイキングが一番です。

公園内にはいくつかの整備されたハイキングコースがあり、個人個人にあったコースが選べます。

ゆっくり公園内の絶景を堪能しながら、マイナスイオンを浴びて歩けば、心も体もリフレッシュできます。

公園内には売店などがあるのですが割高なため、ハイキングに行くときは事前に飲み物や食べ物を持っていくことをおすすめします。

クロアチアの首都ザグレブと世界遺産「プリトヴィッツェ湖郡国立公園」を是非訪れてみてください。


SPCで行くクロアチアツアー検索
  ヨーロッパ行きのツアーに上記都市などの組み込んだアレンジプランもご相談させて頂きます。


クロアチアに関する旅行記


トラベルコンシェルジュがあなただけの旅行プランをメールで回答

経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いします!


SPC旅行通信(無料メールマガジン)を読んでみませんか?
最新のツアー、格安航空券情報やプレゼント情報などを掲載!

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

spctour bank esta wifi