エリア,ポルトガル,ポルトガル,ヨーロッパ

ポルトガル観光の人気スポット~「谷間の真珠」と呼ばれるオビドスへ~そのオビドスへの行き方とは?

ポルトガルには、城壁に囲まれた「谷間の真珠」とも呼ばれる絵のようにかわいらしい街「オビドス」があります。

 

ポルトガルの首都「リスボン」より北へ約1時間(バス・車)、朝出発して1日「オビドス」を観光して日帰りで戻ってくるにも最適な距離です。

車での行き方はこちらをクリック!

バス(車)に揺られること約1時間、城壁に囲まれた街「谷間の真珠」オビドスに到着です。

◆「谷間の真珠」オビドスとはどんな街?

1285年に時の王妃イザベルが、ディニス王から街を譲り受け、以後1834年までオビドスは代々王妃の直轄地として栄えました。

1、オビドスの正面と入り口

オビドスのバス停(街の西側)に付き、階段を上ると右側に城壁が見えますそこには、イスラム時代に作られたオビドスのメインゲート「通称:ポルタ・ダ・ヴィラ-Porta da Vila)」あります。

この入り口は、敵からの侵入を防ぐため2重のジグザグ構造になっており、通路の内側は美しい18世紀のアズレージョで覆われています。

そして内門を抜けると、白と黄色、青色の街並みが姿を現し、色とりどりの花が目に飛んできます。

オビドスの街中は、全長1,5km、40分ほどで1周できる小さな町です。

周囲を囲む城壁に登ることができ、上から美しい街並みを一望できます。

 

ポルトガル オビドス(城壁)

ポルトガル オビドス(城壁)

ポルトガル、オビドス(ポルタ・ダ・ヴィラ)内側

ポルトガル、オビドス(ポルタ・ダ・ヴィラ)内側

ポルトガル オビドス(入り口)

ポルトガル オビドス(入り口)

ポルトガル、オビドス(街並み)

ポルトガル、オビドス(街並み)


2、オビドスのメインストリート

ここオビドスは、昔王妃の直轄地として愛された石畳が素敵な街で、メインストリートを歩くと左右におい土産屋やレストランなどが立ち並ぶ、とてもオシャレな観光地となっています。

ポルトガルの有名なお土産の1つ、「ガロ」と呼ばれるニワトリの置物が目につきます。

ポルトガル オビドス街並み

ポルトガル オビドス街並み

ポルトガル オビドス(お土産物屋)

ポルトガル オビドス(お土産物屋)

 

3、オビドスの名物「ジンジャ」とは?

オビドスの名物「お酒ジンジャ」とは?
ジンジャとはサンランボを漬け込んだ果実酒で、アルコール度数は18~20%とワインよりは少し高めで、1杯1ユーロで、チョコレートのカップで飲むのがオビドス流です。

1杯飲んで気に入れば、お土産にも1本購入して持ち帰りましょう!

ポルトガル、オビドス(ジンジャ酒)

ポルトガル、オビドス(ジンジャ酒)

 

 

さぁ皆様もポルトガルにあるに「谷間の真珠」オビドスに訪れてみたくなったのではないですか?
オビドスへはリスボンからバスか、オプショナルツアーが便利です。

ポルトガル(リスボン)のツアー検索はこちら

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

bank esta wifi