イタリア,イタリア,エリア,ヨーロッパ

ひと味違ったイタリア旅行の楽しみ方

昔も今も大人気の旅行先イタリア。

ローマにフィレンツェ、ミラノにベネチア、ナポリにシチリア・・・有名な観光地がたくさんありますよね。

何度も訪れた方も少なくないのではないでしょうか?

そんな方でも今回ご紹介させて頂く田舎街には行かれたことはないのではないでしょうか。

ローマ~フィレンツェ~ミラノの都市間を結ぶエリアで普通は通過してしまいそうな小さな街ですが、そんなところにも魅力はいっぱいあります。

今回はそんな街々をご紹介します!

 

  

FRASCATI フラスカティ
この名前を聞けばローマ人なら「あっ、ちょっと美味しい白ワイン」と連想します。少し冷やして飲みたいなといったところでしょうか。ローマから車で45分と比較的近いところにある静かな小さな街です。このあたりはカステリロマーニと呼ばれるなだらかな丘陵地帯でローマに向かってなだらかに土地が下っていきます。ローマから行く場合は徐々に登っていく感じでしょうか。少し高い位置にあるのでローマより涼しく、夏場はローマ法王もバチカンを離れて、こちらにあるカステルガンドルフォで過ごすそうです。この辺りにはアルバーノ湖やネミ湖など小さな湖もあり、週末にちょっとローマを離れて遊びに来るローマ人も多いところです。春にはインフィオラータで有名なジェンツァーノの街もこのカステリロマーニエリアにあります。

 

CASCATA DELLE MARMORE マルモレの滝
ローマ人によって作られた人工の滝。その割にはスケールが非常に大きく、大理石の急斜面を、連続3段になって落ち、樹木でおおわれた渓谷の中に流れていきます。テルニの街からマルチェラータ海道S209を通って東へ7kmほどのところにあります。ヨーロッパで最大の高低差のある滝としても有名。

 

  

SPORETO スポレート
かつてのローマの自治都市でのちに6世紀および8世紀には勢力をもったロンゴバルト公国の地。
丘の斜面に段状に広がっている街で聖フランチェスコが好んだ街としても有名。
狭くて曲がりくねった路地を進むと宮殿が街を飾り、多数の中世の記念建造物に出会います。
毎年夏には世界から多くの芸術家が集まるFESTIVAL DEI DUE MONDI(両世界フェスティバル)で賑わいます。

 

スポレートの両世界フェスティバル
FESTIVAL DUE MONDI

 

RAIのCMより

 

FESTIVAL DEI DUE MONDI(両世界フェスティバル) (出典: www.festivaldispoleto.com

 

FESTIVAL DEI DUE MONDI(両世界フェスティバル)/RAIニュースより(出典: www.rainews.it

 

 

GUBBIO グッビオ
インジノ山の険しい斜面に面した街。
過去の文化や芸術を示す多くの証拠が、そのままの形で保存された貴重な街。
城壁に囲まれた町並み、そしてロマネスク式の瓦を乗せた建物の黄土色と塔や宮殿のシルエットが美しい街です。ドイツ皇帝派を支持し、11~12世紀に非常に発展を遂げます。この街ではユニーク伝統的な祭り、チェーリの競争が有名です。いくつかの同業組合のメンバーが昔の衣装に身を包み、肩には「チェーリ」(上には諸聖人の像が乗っている約4mの高さの木の棒)をかついでサン・ドゥバルド・バジリカ聖堂まで競争します。
立派な塔をそびえる家々や宮殿、小さな広場、壁面にへばりつくように隠者の庵を見物することができます。グッビオの家の特徴は1階が商店、2階が住居、3階が羊毛を保管する回廊があることでも有名。
そしてなんといってもこの街には世界一大きなクリスマスツリーのイルミネーションでも有名。

 

チェーリの競争

 

 

 グッビオのクリスマスツリー

 

グッビオのおすすめホテル

Park Hotel ai Cappuccini a Gubbio (PG) – Prenotazione di un hotel Congress & Spa in centro città

 

 

トラシメーノ湖
ウンブリア州で一番大きな湖。
周りにはブドウの畑が広がり、アグリツーリスモもたくさんあり、ゆったりとした時間が流れます。
ここでもトラシメーノ音楽フェスティバルでも有名。

 

 

 

CORTONA コルトナ
中世の城壁に囲まれたこの街はオリーブ畑の広がる斜面に張り付くように建てられて静かな街。
丘に登るとトラシメーノ湖を望みます。
多くの芸術家を引きつける街で中でもフラ・アンジェリコ、ミケランジェロの芸術の到来を告げるルーカシニョレーリ、ローマバロックの巨匠のひとりピエトロ・ダ・コルトナの作品が残ります。教区博物館にはフラ・アンジェリコの美しい「受胎告知」の作品に出会います。
西に3kmいくとサンタ・マリア・デル・カルチナイオ教会にはブルネレスキのスタイルを見ることができます。
その他、パラッツォ・プレトリオ(PALAZZO PRETORIO)、サンタマルゲリータ墓所、サンフランチェスコ教会、サンドメニコ教会など見どころ多数。
ルネッサンスの作品群の原点をここで見つけられるかもしれません。

 

   

SAN GIMIGNANO サンジミニャーノ
周りにはぶどうやオリーブの木が生い茂り、起伏の多いトスカーナ平原の真ん中に突如として現れる美しい塔の街。
街の貴族の家々が所有する封建領主が富と権力、虚栄のシンボルとして競うように建てられました。
12世紀に自由都市となったこの村もドイツ皇帝派のギベリーニ塔と教皇派のゲルフィの争いから逃れることができず、血なまぐさい戦いの場となりました。最盛期には70を超えた塔が今は14塔だけ残っています。
サンジョバンニ門をくぐってまっすぐ進むとチステルナ広場に着き、そこには13世紀の井戸があり、隣には参事会教会、宮殿、そして気品のある塔で囲まれたドゥオモ広場があります。
ポポロ宮殿は13~14世紀の建物で高い塔がそびえ、その頂きに立つと、焦げたパン色の塔や屋根を見はらす眺望が広がります。
この街に来たら辛口のDOCG白ワイン「ヴェルナッチャディサンジミニャーノ」を是非お試しあれ。

 

「ヴェルナッチャディサンジミニャーノ」

Vernaccia di San Gimignano 2009 D.O.C.G.

システルナ広場の近くにワールドチャンピオンになったジェラート屋さんもあります。

 

 

MONTAIONE モンタイオーネ
本当の意味でのイタリアンライフ的な旅が楽しめるまさにトスカーナの休日にふさわしい土地。
上質のイタリアワインもこの辺りで多く生まれ、ほっと落ち着く長閑な風景が広がります。
VILLA LA TABACCAIAでは泊まりながらスパやゴルフも楽しめる隠れ家ヴィラ。

 

モンタイオーネのおすすめホテル

La Tabaccaia Hotel in Tuscany – Toscana Resort Castelfalfi

 

 

FELINO フェリーノ
言わずと知れたサラミで有名な街。
エミリアロマーニャ州にくればまず訪れたい街パルマ。
その近郊でサラミといえばその代表格がフェリーノ。当地のFELINO赤ワインとともに試したい。

 

FELINOのサラミは極上です。イタリア中で食べられるけどこの地元のカステッロで食べてみたい。

 

 

BORGOTARO ボルゴターロ
イタリアの美しい村の一つ「BORGO VAL DI TARO」。
ポルチーニ茸で有名なボルゴターロのきのこ「FUNGHI BORGATARO」でも有名。
タリオリーニアイフンギ(パスタの種類)でいただきたい。

 

ボルゴタッロのおすすめホテル

Castello di Compiano hotel relais museo location matrimoni

 

 

PARMA パルマ
エミリアロマーニャ州の芸術都市。
エミリア街道とマントヴァ・ラスペッツィア街道の交差地点に位置する街。
有名なアウトゥーロ。トスカニーニの故郷でもある。またパルメザンチーズ(パルミジャーノレッジャーノ)や生ハム(プロシュットディパルマ)はあまりにも有名。
中世11~13世紀にはロンバルディア都市同盟の一員として自由都市になり、1513年教皇領となった。
1545年にファルネーゼのパオロ三世はパルマとピアチェンツァを教皇領から切り離して公国とし、その息子に与えた。ファルネーゼ朝は1731年まで続き、多くの庇護者、収集家、建設者、学問、芸術の保護者を生んだ。その後、スペイン王フェリペ5世とエイザベートの息子であるフィリップ・ド・ブルボンとルイ15世の娘ルイーズ・エリザベートの結婚によって風俗、行政、芸術においてフランス様式優勢な時代を迎え、フランス人がパルマで活躍した。

 

赤ワインとともにそのまま食べると絶妙。また粉チーズにしてパスタに乗せて食べるとおいしい。

ランブルスコのぶどう

 

 

Luxury hotel in Parma – luxury hotel Parma luxury hotel – HOTEL MARIA LUIGIA PALACE

 

 

上記の街々を訪れた旅行記は下記をクリック!

行ってきました!『ひと味違ったイタリア旅行』その1<フラスカティ・マルモレの滝・アッシジ編>

行ってきました!『ひと味違ったイタリア旅行』その2<グッビオ編>

行ってきました!『ひと味違ったイタリア旅行』その3<コルトーナ・アグリツーリズモ体験編>

行ってきました!『ひと味違ったイタリア旅行』その4<サンジミニャーノ・モンタイオーネ編>

行ってきました!『ひと味違ったイタリア旅行』その5<ポルトヴェネーレ編>

行ってきました!『ひと味違ったイタリア旅行』その6<古城ホテル「Castello di Compiano」編>

行ってきました!『ひと味違ったイタリア旅行』その7<パルマのチーズとハム編>

 

ご旅行のご相談・お問い合わせフォームはこちら

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

bank esta wifi