エリア,オーストラリア,オセアニア

☆ラストチャンス!☆エアーズロックの登山が禁止になります。

一度は訪れたい!世界遺産エアーズロック(ウルル)の行き方(おすすめツアー)

世界遺産に登録されているエアーズロック(ウルル)は中央オースラリアに位置し、地球のヘソと言われる世界最大級の一枚岩です。一度は行ってみたい!オーストラリアを代表する観光名所です。きっと大自然がなせる景観を見た者は圧倒される事でしょう。

ご存知の方も多いと思いますが、エアーズロックは2019年10月26日より観光客向けの登山が禁止になる事が発表されました!残すところもわずかとなり、飛行機も混み合っていますが、特にエアーズロックリゾート内のホテルは数が少ない為に予約が困難になってきました。弊社SPCではホテルの事前確保分もございますので、是非お問い合わせ下さい。登山の復活話は全く出てきていませんので、エアーズロックの登山をしてみたい方はいよいよラストチャンスになります。一度は訪れたい世界遺産のエアーズロック(ウルル)に行くなら今ですよ!予約はお早めに!

【エアーズロック(ウルル)のおすすめツアー】

活気あふれる都市シドニーとエアーズロックの2都市周遊プランや、絶対に見逃せない大自然ケアンズとエアーズロックの2都市周遊プラン、そして贅沢に3都市周遊するプランなど人気のツアーが目白押しです!

「SPCで行くエアーズロック(ウルル)のツアー」検索

【エアーズロック(ウルル)への行き方】

エアーズロックに空港はありますが、日本からの直行便は残念ながら現時点で運行がありません。エアーズロックへはオーストラリアの主要空港で国内線に乗り換える必要があります。シドニーやケアンズからの乗り換えが一般的です。ここで注意が必要な事は、エアーズロックへの航空機は人気にの上に便数が少ない為、予約が取れにくいと言う点です。是非とも早めの予約をお勧めします。

【エアーズロック(ウルル)のみどころ】

日の出と日暮れに 刻々と色が変わるエアーズロック(ウルル)を観ることは、絶対にはずせないオーストラリアのアウトバック体験です。また同時に先住民アボリジニ文化に触れる絶好のチャンスです。

【フィールドオブライト】

2020年12月まで延長された約5万個の電球を使用した大規模なイルミネーションです。国際的に有名な芸術家ブルース ムンロ氏の生み出す幻想的でロマンチックな光景を楽しめる期間限定のイベントです。

【エアーズロックの登山禁止後のみどころ】

エアーズロックは必ず登山が出来るわけではなく、気象状況(高温や雨天・強風)によって登山が出来ない場合があります。また、登山禁止(2019年10月26日)以降はエアーズロックの観光がマラ・ウォークやクニヤウォークが主流になりますので要チェックです

マラ・ウォークは登山口からおおよそ往復2km歩く1時間30分程のルートになります。小さな洞窟に描かれているアボリジニの壁画は圧巻です。ちなみにマラ・ウォークの『マラ』とはワラビーを意味しています。クニヤ・ウォークは手軽なウォーキングルートとして知られています。おおよそ往復1km歩く45分程のルートになります。

情報元・画像提供:オーストラリア政府観光局


トラベルコンシェルジュがあなただけの旅行プランをメールで回答

経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いします!


SPC旅行通信(メールマガジン)を読んでみませんか?


エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

spctour bank esta wifi