エリア,オーストラリア,オセアニア

オーストラリア観光おすすめは? 観光ビザは必要?(ETASの申請・取得方法は?)時差や気候は?エアーズロックの登山禁止?

 

広大なオーストラリアを満喫しよう!

 

オーストラリア基本情報(時差や気候は?)

【概要】

オーストラリアはとにかく広い!『広大』や『雄大』なイメージがこれほど似合う国はありません。面積はなんと日本の20倍以上有しますが、人口は日本の約5分の1で人口密度に関しては日本(338人/km²)に対してオーストラリア(2.8人/km²)になり、スケールの大きさを感じ取れます。

 

【日本との時差】

日本とオーストラリアの時差はほとんどありませんが、オーストラリアは広大なために3つのタイムゾーンが存在します。オーストラリア東部標準時(クィーンズランド州、ニューサウスウエールズ州、ビクトリア州、タスマニア州、オーストラリア首都特別地域)と日本の時差はプラス1時間。オーストラリア中部標準時(南オーストラリア州、ノーザンテリトリー州)と日本の時差はプラス30分。オーストラリア西部標準時(西オーストラリア州)と日本の時差はマイナス1時間。また、オーストラリアでは夏にサマータイム(デイライト・セービング)が実施され、通常時間に1時間を加算します。 サマータイム(デイライト・セービング・タイム)は10月の第一日曜日の2:00am(オーストラリア東部標準時)に始まり、4月の第一日曜日の3:00am(オーストラリア東部夏時間)に終わります。但し、クイーンズランド州、ノーザンテリトリー州、西オーストラリア州ではサマータイムは実施されません。

 

【季節/気候】

季節については、オーストラリアは南半球に位置しますので日本と逆になります。日本が冬の時期はオーストラリアは夏になり、日本が夏の時期は オーストラリアは冬になります。四季で言うと9月から11月は春、12月から2月は夏、3月から5月は秋、6月から8月は冬になります。気候についてはオーストラリアは1年を通して比較的に穏やかな気候に恵まれています。但し、とにかく広いオースラリア大陸ですから地域によっては気候も異なってきます。大陸北部は熱帯で雨季と乾季に別れます。大陸中部南部は比較的涼しく、四季もはっきりしています。大陸中央部は砂漠気候になっています。

 

【通貨】

オーストラリアの通貨はオーストラリアドルです。通貨の単位はドルとセントの2種類があり、紙幣には5ドル札、10ドル札、20ドル札、50ドル札、100ドル札があります。 硬貨には5セント、10セント、20セント、50セント、1ドル、2ドルです。オーストラリア通貨の両替は銀行、ホテル、国際空港などで行なえます。

関西空港でのお得な外貨両替 梅田、あべのハルカスの外貨両替ショップでも割引可能です。

 

オーストラリア入国について(ESTA申請・取得方法は?)

【観光ビザ(ESTA)について】

オーストラリアに入国する際はビザが必要です。但し、ご安心下さい!オーストラリアではESTA(エスタ)とよばれる簡易的な電子ビザシステムを採用していますので3ヶ月以内の観光旅行の場合はESTA(エスタ)取得さえすればOK!です。

ESTA(エスタ)の申請・取得方法は「ETAS」って何?「ETAS」解説ガイド  を参考にしてください。

【税関と検疫について】

オーストラリアの税関・検疫検査はとても厳しいことで有名です。オーストラリアでは関税法により薬物、ステロイド、銃刀類、火器、保護対象となる野生動物の国内持ち込みが禁止されています。 生鮮食品、包装食品、果物、卵、肉、植物、種、皮、羽など、一部の一般品目も禁止されています。オーストラリアに現金を持ち込むことは可能ですが、申告が必要です。また、申告用紙はAUSTRACのウェブサイト(www.austrac.gov.au/travellers)で入手できます。さらに詳しい情報については、オーストラリア税関・国境警備局のウェブサイト(www.customs.gov.au)をご覧ください。オーストラリア政府観光局より出典

一度は訪れたい!世界遺産エアーズロック(ウルル)の行き方(おすすめツアー)

世界遺産に登録されているエアーズロック(ウルル)は中央オースラリアに位置し、地球のヘソと言われる世界最大級の一枚岩です。一度は行ってみたい!オーストラリアを代表する観光名所です。きっと大自然がなせる景観を見た者は圧倒される事でしょう。

 

エアーズロックは2019年10月より登山禁止になる事が発表されました!エアーズロック(ウルル)に行くなら今がラストチャンスになるかも・・・これからのエアーズロック(ウルル)は人気が高まり、航空機やホテルの確保が難しくなる事が予想されますので予約はお早めに!

 

【エアーズロック(ウルル)への行き方】

エアーズロックに空港はありますが、日本からの直行便は残念ながら現時点で運行がありません。エアーズロックへはオーストラリアの主要空港で国内線に乗り換える必要があります。シドニーやケアンズからの乗り換えが一般的です。ここで注意が必要な事は、エアーズロックへの航空機は人気にの上に便数が少ない為、予約が取れにくいと言う点です。是非とも早めの予約をお勧めします。

 

【エアーズロック(ウルル)のみどころ】

日の出と日暮れに 刻々と色が変わるエアーズロック(ウルル)を観ることは、絶対にはずせないオーストラリアのアウトバック体験です。また同時に先住民アボリジニ文化に触れる絶好のチャンスです。

情報元・画像提供:オーストラリア政府観光局

 

【エアーズロック(ウルル)のおすすめツアー】

活気あふれる都市シドニーとエアーズロックの2都市周遊プランや、絶対に見逃せない大自然ケアンズとエアーズロックの2都市周遊プラン、そして贅沢に3都市周遊するプランなど人気のツアーが目白押しです!

 

「SPCで行くエアーズロック(ウルル)のツアー検索

 

活気あふれる都市!シドニーおすすめ観光情報(おすすめツアー)<近日公開>

 

絶対に見逃せない!ケアンズの大自然(おすすめツアー)<近日公開>

 

 弊社では様々な航空会社を利用したオーストラリア周遊プランもご用意しておりますのでオーストラリアの自由旅行を計画している方は具体的な日程、出発地、目的地等を記入して問い合わせしよう!経験豊富なスタッフがあなただけのオリジナルプラン作りをお手伝いさせて頂きます!! お問い合わせフォームはこちら

エリア

キーワード

アクセスランキング

新着情報

bank esta wifi